LINE+ChatGPTで検定作成機能リリース!

2024/04/23、以下のリリースをしました。

■LINE+ChatGPTでの検定作成機能

LINEの友だち登録をして、質問に答えていくことでChatGPTのAIが検定作成のサポートをしてくれる機能を新規公開しました。

「XXXXXXという問題で、正解はXXXXです」という形式でメッセージを送るだけで問題文、選択肢、間違い選択肢、解説まで作ってくれます!

また、検定のタイトルや説明文までAIが提案してくれます。 あなたの頭の中にある検定のアイデアを素早く検定として公開できるようになります。 ぜひ挑戦してみてください。

■検定・診断作成の説明動画の大量追加

検定や診断作成の際に「これとこれの違いは?」「この使い方は?」というよく気になる部分を中心に説明用の動画を追加しました。

  • 「検定/診断/掲示板の違い」を動画で見る
  • 「検定の種類の違い」を動画で見る
  • 「ポイント名の説明」を動画で見る など、作成ページの様々な箇所に説明動画を見ることができるようになっています。

■その他

  • 細かなバグ修正
  • 細かなデザイン調整

検定のテーマ?

まず最初に、何を題材にした検定を作るか「検定のテーマ」を決めます。

【例】 ・「魚」「小田急線」「城」「教科」

・「アーティスト名」「作家名」「YouTuberの名前」

・「漫画のタイトル」「ゲームのタイトル」

テーマはAIが検定のタイトルや説明文、問題を作成する素となります。

「質問」と「答え」の具体例

次に、「質問」と「答え」を書いてください。

「質問はこれで、答えはこれです。」という形式でAI指示をすると、 AIが質問の形式に整えたり、まちがい選択肢を自動で作成してくれます。

歴史の質問

質問は、本能寺の変の首謀者は誰かという問題で、答えは明智光秀です

この文章から以下のような質問が作られます。

このように、「どんな質問で正解がなんであるか」を分かり易く指示してください。

エピソードから作る質問

他にもこんな実際に行った人でないとなかなかわからないエピソードから作ることもできます。

アイドルグループ”XXX”の2024年1月19日の東京ドームコンサートで最初の曲は「ワイワイ」でした。天井のゴンドラからメンバーが登場して紫色のレーザーに照らされてとてもきれいで感動しました。この日は強い雨が降っていて入場を待っている間とてもさむかったのですが、メンバーの登場を見たら寒さを忘れて涙が溢れてきました。正解が「ワイワイ」で間違いに「ハッピー」「もちろん!」を含めてください。

この文章から以下のような質問が作られます。

このようにエピソードを盛り込むのもいいですね。また、正解が何で、間違い選択肢に入れたいものを指定するとよりオリジナリティが高い質問になりますのでおすすめです。

しっかり書いてくれたエピソード部分は解説に使われます。

ぐだぐだな文章でも大丈夫

音声入力でぐだぐだな感じに入力してAIがちゃんと整えてくれます。

TTTのアニメのシーズン2の2話で由美香が恭弥に告白したんですけど。うーん、ちがうか。由美香が恭弥に告白しようとしたんだけど、恭弥に口を抑えられて失敗というか、できなかったんですよね。恭弥は由美香の気持ちをわかっていたんだけど、自分から言いたいっておもっていて、口を抑えたんですよ。4話でこのときのことを二人で振り返るときがあって、恭弥の反応がすごく可愛いんです。シーズン2の2話で誰が誰に告白したかというクイズにしてください

この文章から以下のような質問が作られます。

「誰が誰に」という質問なのに選択肢が「誰が誰に」なっていないので、正しくないですね。

AIは質問文、選択肢、解説のいずれにおいても間違えることがよくあります。間違えているところを見つけたら検定作成後に[編集]ボタンを押して、けんてーごっこにログイン後、検定の修正をしてください。

質問内容や正解をしっかり渡すことで間違える可能性を減らすことはできます。

どんどん試してみてコツを掴んでみてください。

【更新】検索精度、絞り込みワード、コメントチェック等

2024/02/16の更新で以下を公開しました。

■検索精度の向上 トップページのホットワードランキングからのそのワードを含む検定ページに遷移する際に、これまで以上に検索精度の向上するための対応をしました。 その他、軽微な調整により検索精度を向上させています。

■検索ワードの補助 検索結果のページの上部に、検索結果の中でよく使われているワードで絞り込み検索ができる機能を公開しました。 これまで以上に期待する検定に用意にアクセスできるようになります。

■コメントのAIチェック コメント投稿内容をAIチェックして不適切な内容の投稿を除外する仕組みを導入しました。

■その他 軽微なデザイン調整 軽微なバグの修正